for_doctor of labogiko-w

Asoアライナーロゴ改r.jpg






アソアライナー®とは、透明で薄く審美的に優れたマウスピース型の可撤式矯正装置です。装置の作用原理は、材料の弾性を利用し必要な矯正力を必要な部位に加えることで歯を移動させる仕組みです。通常約1ヵ月に一度の間隔で印象採得を行い、その都度アソアライナー®を製作し、厚みの違う3種類(ソフト0.5mm、ミディアム0.6mm 、ハード0.8mm)のアソアライナー®で矯正力をコントロールできるので疼痛を軽減させることがでます

アソアライナー®を導入されるにはアソアライナー®セミナーを受講して頂くことが条件とさせて頂いております。セミナー情報、アソアライナー®導入についてはまずお問い合わせにてご相談くださいませ。




<適応症・非適応症>
適応症
・ローテーションの改善
・歯列の拡大や縮小
・小さな空隙閉鎖(ディスクレパンシー4mm以下の小さなもの)
・顎間ゴムを用いた挺出
・圧下
・トルクコントロール
・軽度な上下顎間関係の不調和

非適応症
・大きな空隙閉鎖(抜歯症例など4mm以上の空隙)
・骨格性のOpen Biteの改善
・近遠心的歯軸コントロール(平行移動)



<AsoAligner® Program>AsoAligner® Programとは、セットアップ前後の2枚の写真を、基準点自動認識システムを使用して正確にレイアリングした画像にて、歯牙移動等のセットアップでの変化を画像上でご確認して頂けるプログラムです。画像のレイアリング、歯牙の移動距離記入等の画像処理はASOが行い、300kb程の非常に軽いPDFファイルにて画像をE-Mailにてお送りしますので、受け手のコンピュータ(OS)を選びません。ご要望のメールアドレスに送信いたします。画像では歯牙の移動方向、距離等の確認をして頂き、認証・修正のご返答をメールにてご連絡ください。修正に関しては、どの部位をどのように修正するかを詳しくお伝えください。

図1.png

<AsoAligner® の使用について>
一般的な可撤式矯正装置同様、患者の装置装着時間と治療効果との間には大きな相関が生じます。使用時間に関しては、ソフト・ミディアム・ハードタイプいずれも1日17時間以上装着させることが基本となります。
まずソフトタイプを最低でも10日間、その後ミディアムタイプを10日間、ハードタイプを10日間以上装着し、装置装着時に噛み込み運動を適時行ってもらうことでより確実な効果が発現します。
治療前の患者へは基本的に食事と歯磨き以外の時間はアソアライナー®を装着するよう指示し、最後臼歯頬側に付与したノッチに爪を掛けて取り外しの練習をさせてください。
ワイヤー治療と同様に疼痛が発現する可能性があることを伝え、もし極端に強い痛みを感じたら直ちに使用を中止し来院するよう指示してください。
患者自身の協力程度が治療期間、治療結果に直接大きく影響することを十分認識させておくべきなので、しっかりとした説明が不可決となります。










logo30oval.png